みなさんこんばんは。


月曜日が非常に寒かったので、昨日、今日はそんなに寒く感じませんね。
こうやって寒さに慣れていくのですね。

さて、そんな今日は紹介が遅れておりましたOPUSのフレームをご覧いただきましょう!




OP−1022


今年の新作の中で最もオーソドックスなフレーム。

しかし程よい大きさのレンズシェイプなので

普通なんですけれども、「あ、綺麗な形だな」と感じるフレームになっています。



以前見ていただいたOPUSはサイドにしっかりボリュームのある作りになっていましたが
こちらはスッキリタイプになっています。

そのぶんテンプルの独特な構造がより際立ちますね。


ホワイトとゴールドの組合せは柔らかくていいですね。

メタル部分のゴールドは金属の冷たさを感じさせないのですが

全部ゴールドだと、ちょっとすました感じになったりもするのですが

テンプルのホワイトがさらっと柔らかさを足してくれていますね。



鼻パットの部分もシリコン製であたりが柔らかい。

そしてサイズも程よく大きめなので装用感がいいのもポイントが高いですね。


さて、いかがでしたか?

いよいよ12月も後半戦に突入しようとしておりますが

寒さも日に日に厳しくなってきたので風邪には気をつけて

のりきりたいですな。

ほな、今日はこの辺で!


みなさんこんばんは。

秋も深まってきまして、紅葉、そして学園祭シーズンですね。

今朝出勤してくる時に家の近くの大学では学生の皆さんが

楽しそうに準備してはりました。

青春っていいですね。




さて、そんな今日はまだまだご紹介しきれていないフレームがあります。
OPUSです。



OP−1020です。


ゴールドと白の組合せ。

ゴールドの部分はツヤのあるところと艶消しのところがあって

表情に立体感が出ますね。

テンプルの白との組合せも、ゴールドを綺麗に見せてくれますね。


昔はゴールドの眼鏡ってちょっとあっさりしすぎかな?と思っていたのですが
最近はちょっと表情も柔らかく見えつつ、上品に見せることができる色なのでお気に入りです。


落ち着きのあるブラウンとゴールドの組合せ。

濃い目のブラウンとのコンビなのでよりゴールドの部分が際立ちますね。



サイドから見るとレンズをカバーするかのようなデザインになっています。
これによってレンズの厚みが分かりにくくなってくれます。

度数の強い方はどうしてもサイドのレンズの厚さが気になられる方が多いので
こういうデザインだと一石二鳥ですね。



さて、いかがでしたか?

もう12月ですよ。早いなー。

そろそろ来年の顔をどんな風にしようか考えてもいい頃ですね。

では、今日はこの辺にしておきましょうかね。

届いております!

みなさんこんばんは。

冬の気配が近づいてきましたよ。


さて、今日はOPUSから届いているフレームがまだまだご紹介できてないので
サラッとみていただきましょうか!



OP−1021です


カッチリな仕事をしている方にはばっちりなフレーム。

かけるとちょっと仕事できそうな感じに見えるキリッとシルエットなので
普段ちょっと崩したイメージの方はたまにこういうフレームかけると

いつもとギャップがあってよいのでは!


シンプルなのですがここ独自のヒンジの形状が

機能とデザインの大きなポイントになってくれています。


フロントのリムがちょっと厚めにデザインされているので

レンズの厚みが気になる方にもよいのですよ。


艶のあるシルバーもテンプルが落ち着いた色なので

嫌味じゃなくかけられるのが良いですね。

もうすぐ新しい年になるのでちょっと今までと違う顔を

手に入れてもいいのではないでしょうか!





ほな、今日はこの辺で失礼しますよ!

早速届き始めました!

みなさんこんばんは。

すっかり涼しい今日この頃。

よくよく考えてみれば来年まであと少しですよ。

ラストスパート頑張りたいところです。


そんな今日はこの間の展示会で注文していたフレームが届きましたのでご連絡ですよ。
独特なヒンジの構造、上品な色使いで着実にファンを増やしつつある

OPUSから新しいフレームが到着しました。


OP−1018です。


フロントのデザイン、良いですね。

レンズのシェイプは少しゆとりがあって、体格の良い人にもかけていただけます。


デザインの重要なポイントにもなっているヒンジ部分。

今回さらに改良されて、緩みにくく、同じ調子が長く続くようになっています。


フロントのは程良く弾力があるので、掛け心地もよいのです。


フロント、ヒンジ、テンプルと色の組み合わせが非常に良いですね。

落ち着いた色の中でヒンジ部分の柔らかいゴールドマットのカラーが

よいアクセントになっています。


パッと見た感じは強い主張があるように見えないのですが

しっかりと作られたフレームからは “よい物を使っている感”が漂ってきます。


横顔も綺麗ですね。



見た目はシンプルでも細かいところまで気を配って作ったフレーム。

ちょっと選択肢に入れていただいても良いかもしれませんね。


ほな、今日はこの辺で!

まさかの失態。


みなさんこんばんは。

久しぶりのブログ当番。

この上半期がなんだかバタバタしていて、ようやく今月でひと段落と思っていたら
今年も残すところあと半分しかないではないですか!

下半期も楽しみにしている映画がバシバシ公開になったり

眼鏡の展示会で発表される新作が待ち遠しかったりで

これまたあっという間に過ぎ去っていきそうですね。



そんなあっという間な日々の中でご紹介するのをすっかり忘れていました
そして忘れている間にどんどんもらわれていってしまっていました

なんて失態・・・!

前置きはそんな感じにして
OPUS DESIGN

OP−1013です。

表はすっきり、どこでも対応できる顔。

スクエアとラウンドを足して二で割ったような、そんないいとこどりのシルエット。

前からみただけだと大人しすぎるかなと思っちゃいそうですが横顔がいいんです。
綺麗に色分けされたパーツが格好良い大人の持ち物な雰囲気を醸し出してくれます。

ここ独自の構造のヒンジやテンプルの色使いなど、細かいところの作り込みがしっかりされています。
手の込んだことをしているのですが、あまりそればかりが前面にこないように
上手くデザインされているので、非常に上品に仕上がっているのが好感がもてますね。


店頭でもなかなか評判が良くて、今日ももらわれていきました。

あまりスタイルを選ばず使えるのも支持される理由の一つですね。

ゴテゴテしすぎないちょうどよいバランスのデザインのOPUS

また店頭で見てもらえたらと思いますよ!


ほな、今日はこの辺で!

みなさんこんばんは!

先日全国のselected byのお店が集まる会合に出席してきました。

今後のあれこれをいろいろ話してきました!

これからなかなか面白くなっていきそうなので、また期待していただけたらと思いますよ!
そんな東京出張だったのですが、ちょっとふらりと寄った先で

おみくじを引きまして、それが大吉だったのです。

書いてある内容がとりあえず全部「良いでしょう」となっていて

ああ、今年は無敵だなと思いました。

これで安心して一年過ごせますね。




さて、そんな安心の今日は引き続き OPUS DESIGN




OP−1012ですよ!

正統派男前顔を作ってくれるナイスなフロント


フロントからサイドにかけて緩やかにカーブして、顔に程よい立体感を出してくれます。
この緩やかなカーブがフレームの弾力を引き出してくれるので

かけ心地もなかなか良い感じです。


こちらのカラーは顔をばっちり引き締めてくれるので、より男前度があがります。


テンプルの素材感も良いですね。

透けない素材なので色がしっかり綺麗に出ます。


格好良いメガネ。

このフレームのよいところは、かける人をあまり選ばないのに

かけるとなんかちょっといい感じに見えるところなのですよ。

「なんかちょっとシュッとしてるなー」

そんな印象をさりげなく残してくれる、なかなかたよれるフレームです。
また店頭で触ってみてもらえたらと思いますよ!


ほな!

まってましたよオーパスデザイン


みなさんこんばんは。

外は冷たい雨が降っておりますが、ずっとまっていました

OPUS DESIGNの新作が入荷してきたので気分が良いです。


では早速見ていただきましょう!

OP−1014です!


2010年に再始動して、二回目の新作コレクション。

一回目のコレクションよりも質感がよくなっています。

よりシンプルにデザインされているのですが、目を惹く力は上っています。


ここの特徴的なヒンジもよりスムースに動き、尚且つ見た目もスッキリに改良されています。


テンプルの素材使いも良いですね。

フロントの金属の質感とテンプルのちょっと柔らかい質感の

対比が面白いですね。



今回のコレクションは良いですよー。


手に取ると質感の良さが良くわかります。

そして実際かけてみると、かけてる人の顔をちょっと上品に変えてくれます。

前回に引き続き、今回もきっちり丁寧に良いものを作ってきてくれました。
まだかけてみたことない方は是非一度触ってみてもらえたらと思いますよ!


ほな、今日はこの辺で!