ANVERS

みなさんこんばんは。

今日は雪がちらついていましたね。

そういえば去年の今頃は福井が雪で大変なことになっていた記憶が…

今年は雪がちらついても積るところまではいってないのでちょっと寂しいですね。

あまり降り過ぎても困るのですが

 

 

ということで今日はフランスからTarianの新作

ANVERSが届きましたのでご連絡

 

f:id:oogley:20190211180135j:plain

すでに去年の12月に別のカラーは届いていまして、そこから約二ヶ月おくれでやって来ました。

前回届いたカラーとはガラリと雰囲気が変わっていますね。

 

f:id:oogley:20190211180548j:plain

丸眼鏡の雰囲気を異素材を組み合わせてクラウンパント型にしているナイスなデザイン。

ブラックマットなチタン部分と深い赤の柄のアセテートとのコンビは

かける人を上品かつ洒落た感じにしてくれますね。

 

f:id:oogley:20190211181315j:plain

綺麗なシルエットですね。

やっぱりここのフレームはいろんな要素があってもガチャガチャした感じにならないのが非常に良い。

 

 

 

さて、いかがでしたか?

どのフレームも色使い、デザイン共によくできたものばかり。

ほど良い上品さを感じさせつつ、なにやらアートな雰囲気も漂わせるTarianのフレーム。

また是非店頭でご覧頂けたらと思いますよ。

では、今日はこの辺で。

 

ナイスな女性にオススメのTarian、FLORENCE

みなさんこんばんは。

先日お休みを頂いていたのでこれでもかってくらいゴロゴロしてやりました。

いやー、危うく職場復帰できなくなりそうでした。

たまにはゴロゴロもいいですが、何事もほどほどにしなければならないと思ったのでした。

 

 

 

と言う事で本日はフランスからやってきたTarianのフレーム

FLORENCEを見て頂きましょう。

 

f:id:oogley:20190116182552j:plain

秋の展示会で女性がかけているのを見てだいぶとテンションの上ったモデル。

女性の顔をとても綺麗に見せてくれるんですよ。

程良く柔らかいラインとキュッと上ったラインで、顔を引き締めつつ柔らかさものこしてくれるという非常にナイスなフレームにしあがっているのです。

 

f:id:oogley:20190116183057j:plain

生まれた時から世界的な眼鏡デザイナーの父親の姿を見ていたであろうタリアン。

フランスらしいちょっと澄ました雰囲気もありつつ、“タリアンらしい” デザインを上手く表現できているのは流石ですね。

後に残るブランドってやっぱり “そこのブランドらしさ”が上手くでているところが多いですよね。ベルギーのテオもそうだし、日本でもフォーナインズもそう。FACTORY900もそう。フランスのアランミクリもそう。

らしさがちゃんとあるのは良い。

 

 

 

さて、ということでまた店頭でご覧頂けたらと思いますよ。

では、今日はこの辺で。

 

 

 

アートな眼鏡、tarianのNAOSHIMA

みなさん、あけましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は年末にバタバタして落ち着かない感じで年末年始を過ごしました。

なにはともあれまた新しい年が始まったので頑張りたいと思いますよ!

 

 

 

というわけで今日はフランスからやってきたtarianの眼鏡を見て頂きましょう。

NAOSHIMAです。

f:id:oogley:20190105174907j:plain

NAOSHIMAの名前は香川県の直島からとられています。

タリアンさんが直島を訪れ、気にいらはったようでフレームの名前にしたようです。

 

直島といえばアートな島。

そんな島の雰囲気にあいそうなナイスなデザインの眼鏡。

 

f:id:oogley:20190105175739j:plain

佇まいがいいんですよね。

丸眼鏡の上にスーッとラインがあって、たったそれだけでこんなにも雰囲気の良い眼鏡になるのです。

 

f:id:oogley:20190105175904j:plain

シンプルなラインで構成された眼鏡なんですが独特な存在感があって

単純に美しい眼鏡だと思います。

 

f:id:oogley:20190105180816j:plain

カラーも良い感じ。

ブラック一色でまとめてもモダンで格好良いし、ブラックと赤でメリハリをだしても良い感じ。

 

f:id:oogley:20190105181428j:plain

鼻パットもチタンで全体の質感を上げてくれています。

どの角度から見ても綺麗なデザインですね。

 

 

 

さて、いかがでしたか?

tarianの眼鏡ってやっぱり育ちの良い感じがするんですよね。

特に今回のメタルフレームのシリーズはクリーンでモダンなデザインがたまらないナイスなシリーズになっております。

今回ご紹介したNAOSHIMAももう一色届く予定なので、また是非店頭でご覧頂けたらと思いますよ。

というわけで今日はこれまで。

今年も宜しくお願い致します。

 

ちょっとレトロな印象にも

 

みなさん、こんばんは。

本日は天気予報通り、とても寒い1日でした。

12月は毎年、バタバタしているうちに

年末になっている気がします。

今晩は実家に行って、毎年恒例の「キムチ鍋」

ちょっと早めのお正月を、過ごしてこようと思います。

 

それでは本日の眼鏡のご紹介です。

タリアンより「INUJIMA」が入荷いたしました。

f:id:oogley:20181228184138j:plain

縦幅がゆったりあり、2色のカラーと

キュッと角が上ったトップが特徴的な

レトロなテイストなメタルフレームです。

 

手前はグリーン×ゴールド テンプルはブラウン

奥はピンク×ブラック テンプルはブラック

華やかなカラーと、締まったカラーが組み合わさった

こちらの2種類が入荷いたしました。

f:id:oogley:20181228181357j:plain

トップ部分は少し隙間があり、

スリムなメタルでありつつ、マット素材の柔らかい印象が

眼鏡を掛けているイメージをほどよく出してくれます。

 

 

f:id:oogley:20181228184428j:plain

テンプルはスリムでシンプルなブラック

フロントのマットなブラックと馴染むカラーです。

 

f:id:oogley:20181228181402j:plain

こちらは珍しいグリーンとゴールドの組み合わせです。

明るい印象と、カジュアルにも楽しんでいただける眼鏡です。

f:id:oogley:20181228181404j:plain

テンプルは明るいブラウンカラー

メタルの素材をより柔らかくしてくれ、重たい印象にならない組み合わせです。

 

f:id:oogley:20181228184132j:plain

薄めのカラーを入れて、サングラスとしてお使いいただけます。

ご来店の際はぜひ、こちらの2色のカラーをお試しくださいませ。

 

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

ありがとうございました。

 

 

今年のTarianはとても良い。 ANVERS

みなさんこんばんは。

なんだか久しぶりに感じるブログ担当。

以前、物を見ると上下に二つに分かれてしまうというお困りごとのある方に視線の方向を変える度数で眼鏡を作らさせて頂きました。

今までかけていた度数とはちょっと違うので様子を見て下さいとお話していたのですが

先程お電話を頂きまして、「上下に二つに分かれてしまうのがなくなって、車の運転の時感じてた怖さがなくなった」と嬉しいご連絡を頂きました。

うん、よかった。本当に良かった。

困ってはることが解決できた時、この仕事をやってて良かったと感じますね。

ということで今後も精進していきたいと思います。

 

 

ということで今日はフランスのTarianから今年の新作が届きました。

ANVERSです。

 

f:id:oogley:20181224184509j:plain

ようやっと届いたTarianのフレーム。

今年の展示会に行く前から楽しみにしていて、実際に見てテンションが上がり

届いてやっぱりイカスと思ったフレーム。

良い。

 

 

f:id:oogley:20181224192421j:plain

今までのシリーズと違って、今回はメタルフレームアセテートを組み合わせてTarianらしい上品でスッとしたデザインに仕上げてくれています。

ベースの丸型をアセテートのパーツでクラウンパントのようにしていて

それがちょっと独特な表情を作ってくれます。

 

デザインはしっかりされていても、ここのフレームはやり過ぎな感じがしないのは育ちがよいからなのでしょうか。

 

 

なにはともあれTarianのフレーム良いですよ。

是非また店頭でご覧頂けたらと思います。

 

では、今日はこの辺で。

 

色があるのがいい!


みなさんこんばんは。

バタバタとあわただしく9月も終わっていきますね。

今年もあと3ヵ月です。

月日が流れるのが早過ぎて怖い今日この頃。


ということで今日は色があるのがいい!ということで

パッと人目を引くナイスなカラーのフレームをご覧頂きましょう。


まずはFACTORY900から

FA−301−861です。

FA−160シリーズの雰囲気を持ちつつ

柔らかシャープな感じをかもしだしてくれるナイスなフレーム。

FA−160シリーズがカーブが深く、サイズも大きいので度付き対応にちょっと注意が必要だったりするのですが

こちらのFA−301はカーブは深くなく、サイズも通常なので度付き対応がしやすいのです。

そして、この色!

表は白でピンク、濃いパープルの組み合わせ。

インパクトばっちりなカラー。

勢いのあるカラーには勢いのある色を。

つかみはばっちりなフレームです。



二番目はTARIANのCOMMAND PERFORMANCEです。
このフレームは上品なんですよね。

柔らかくて明るいカラーが表情を生き生きとしたものにしてくれます。

そしてなんだかちょっと育ちが良さそうな雰囲気になるのも良い感じ。

クラシカルなフレームの人気も依然として高いですが

ちょっと切り口をかえたこんな魅せ方も格好良いです。




最後はベルギーのTHEO Mille+54です。
まずは形がね、綺麗なんです。

クラシカルな雰囲気を感じさせつつも素材感であったりシルエットで

モダンな味付けにしてあるナイスなフレーム。

サイズも程良く小さめなので小顔の方にも掛けて頂きやすい。

そしてオレンジ系のカラーは顔に馴染みやすくて良い。

ここのフレームは長く生きるデザインの物が多くて

このMille+54もその一つ。

オーソドックスなデザインにTHEOらしさをつめこんで上手くデザインされています。








さて、いかがでしたか?

暗い気分の時は特に明るいカラーのものを見につけると

なんとなく気持ちが上向きになる様な気がします。

やはりなんでも気の持ちようなんですよ(笑)

ということで明るいフレーム、また店頭でご覧頂けたらと思いますよ。

では、今日はこの辺で。

洒落たフレーム、CHAPON



みなさんこんばんは。

今日は風が強くて寒かったですね。

明日はMASUNAGAの展示会で大阪に行くので

あまり寒くならないとよいなと思いつつ天気予報をみたら

なかなかの寒さとのことなので、防寒対策をして大阪堪能してこようと思いますよ。




ということで今日はフランスのTARIANです。

ここのメーカーはなにしろ洒落てるんですよ、雰囲気が。

流行りを追うのではなく作る事のできるメーカーだと思います。


CHAPONというフレームです。

骨太クラッシック、細身の上品クラッシックと

ここ何年間かクラシカルなフレームの選択肢がだいぶ増えました。

いろんな方にトレンドのクラシカルなフレームを楽しんで頂けて非常によい状況でした。

じゃあ次はどうしようってなった時に見て欲しいのがTARIANのフレームなのです。



サイズ、シルエット、色使い。

どれも絶妙で、「ああ、センスが良いってこういうことか」と思わせるメーカーですね。





アセテートのカラーとフレーム上部のメタルパーツ、

質感の違う二つのパーツが良いメリハリを作ってくれますね。





さて、いかがでしたか?

「ああー、流行ってる感じだね」ってフレームも良いし、好きなのですが

TARIANのフレームみたいにまた新しい流れを作ってくれそうなフレームも良いですよね。

ということでまた是非店頭でご覧頂けたらと思いますよ。

では!