「メガネ越し、傍目八目(おかめはちもく)、右も左もぶっとばせ!」




ホンマかいな、この九月。民主党の選挙の話でも・・・と思ったけど、
こない暑いと話が生臭くなりそうで書く気にならん。
涼しげな音楽の話でも・・・・で、やっぱりユーチューブ。



石川鷹彦さんごぞんじですか?日本のアコースティックギターの第一人者。
そう聞いてもわからん人は「二十二歳の別れ」の
有名なイントロのとこ、思いだしてください。
ナッシュビルチューニングでビヨヨ〜ンて弾いておられた方です。



加藤和彦さんとNHKのギター番組をもっておられた時のユーチューブ。
ゲストは憂歌団内田勘太郎。(ユーチューブは内田勘太郎から探せます)
もともと石川さんはフォークからの方ですが、
この日のふたりの演目はなんと、ロバート ジョンソン。
曲はもちろん「スウィートホーム シカゴ」。



だいたいネット上の感想なんて好き勝手で、ボロカスかいてあるものも多いんですが
これは全員が絶賛の嵐。私も聞いてて鳥肌が立ちました。
一人の方が「この日本人の実力を外人に見せたい」と書きこんでましたが
まさにそのとうり。必見です。