有色調光レンズ、良い感じです。

みなさんこんばんは。

今日もブログのお時間です。

仕事場の整理整頓強化期間に入りました。

ずっとどこにいったか分からなかった、むしろ忘れていた眼鏡がでてきて

眼鏡に申し訳ない気持ちになりました。

働き始めて一番初めに作った眼鏡。

日頃から整理整頓しておかないといけませんね。

 

 

 

ということで今日はここ数年店頭でお尋ね頂くことの多いレンズ。

調光レンズを搭載したシリーズのご紹介ですよ。

 

通常の調光レンズは紫外線があたると色がついていきます。

そして室内に入ったり、夜になるとほぼ無色になります。

なので度付きにしていても一日その一本で過ごすことも可能で

なかなかに便利なレンズなのです。

ただ、室内でもうっすらレンズにカラーが入っていてほしいなーってお声も頂いていたのも事実。

そんな欲張りなお声にお応えしたのがフォーナインズの一部のシリーズに搭載されている有色調光なのです。

これはその名の通り紫外線あたってなくても25パーセント前後の濃度のカラーが入っています。

そこから紫外線が当たると色が濃くなっていく仕様です。

こちらのシリーズ、嬉しいことに度付きも対応可能です。

私は早速次の自分用の眼鏡にこのレンズを使うことにしておりまして、

今からフレームが届くのが楽しみです。

 

ということで前置きが長くなりましたがちょっと見ていただきましょうか。

まずは室内で紫外線が当たってない状態です。

ほんのりカラーが入った状態。

これぐらいの濃さならば室内でかけていても大丈夫ですね。

 

そして本日、曇り空の京都市中京区、気温20度

結構しっかり曇ってますね。

この状態で外にでてみました。

 

 

曇り空ということもあり濃度としては35パーセントから40パーセントといったとこでしょうか。

気温は20度なので色の変化はまだしやすい温度かと思います。

あ、そうそう調光レンズの大きな特徴として

温度が低いと良く反応するのでかなり濃くなります。

温度が高いと反応が弱く、あまりカラーが濃くなりません。

 

なので冬場は結構しっかり濃くなってくれます。

夏場はあまり全開で濃くはならないです。

 

今日はあいにくの曇りでしたので反応が少なかったですが

天気がよければ今のシーズンですとそこそこしっかり色が濃くなってくれると思います。

 

 

ということで今日ご覧頂いたモデルのご紹介。

SP-23です。

日常とスポーツをつなぐシリーズ。

お仕事にも対応しつつ、ランニング、ゴルフ、アウトドア、自転車等にもサクッと対応できちゃうナイスなシリーズなのです。

 

 

鼻パットは通常の眼鏡のシリーズよりも安定感のある

大き目でシリコン素材を用いた専用パット。

これが激しい動きをしてもピタッと収まってくれていてかなり良い感じ。

 

 

テンプル先もラバーモダンでグリップ力がしっかりあります。

これがかなり良い感じなのです。

頭の側面にかかる圧は逆Rヒンジでしっかりコントロールしつつ

ラバーモダンで前後への動きをしっかり抑えてくれます。

 

いやー、これはかなり良いシリーズですね。

そして調光レンズ、特徴を把握していただいて使うとかなり便利な道具かと思います。

また是非是非店頭で見て頂けたらと思いますよ。

では、今日はこの辺で。